FC2ブログ

欧州自転車レース追っかけ日記

欧州在住者が自転車レースを追い掛けてる日記とか

Tour de Suisse 2016

I like Tour de Suisse (Tour of Switzerland, if I may, in English) for several reasons.

(in ramdom order)
1. Beautiful mountains and sceneries
2. Less crowded traffic and fewer crowd (than those of the Tour de France)
3. More (valuable and abundant) 'petits cadeaux' (free stuff from publicity caravan and at start/finish)

The only complain that I have is that over there diesel fuel is more expensive than gasoline and my Ford Ka uses diesel. Things are relatively expensive there but I only buy cheap food so no damage is done.

Next year (2016) the Tour de Suisse has a very interesting stage layout. Take a look at http://www.tourdesuisse.ch/.

I wish I could go and watch all of the stages this coming summer.

The highlight (at least one of the highlights) will be the climb to Rettenbachjoch. Rettenbach is a well-known name to any cycling fans. I always wanted to climb there.


A while ago, I wrote about camping shower equipment. Today I looked for a similar device on Decathlon's site. It is a big sporting equipment store chain in France, Belgium, Germany and many other countries.

Was my search fruitful? Yes.

DoucheportableDecathlon.jpg

In Japanese: 続きをどうぞ [Tour de Suisse 2016]の続きを読む

テーマ:自転車レース - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/12/03(木) 01:35:23|
  2. Bike Races in Switzerland
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Tour de Suisse 2013 Summary

I came home safe and sound. It was a beautiful tour. The Tour de Suisse 2013 was a magnificent one.

Saturday morning, I went up to Flumsberg all the way to the stage finish. I started from the camping site I was staying in Bad Ragaz. So I almost did the same parcours as the real race.

Sunday morning after checking out the camping site, I drove to Flum, the town at the foot of the climb and parked the in a parking lot of a DIY store. Many people seemed to have done so. Then I climbed the climb.

Saturday I could go all the way without stopping to rest but on Sunday I had to stop many times. My legs were tired and not recovered yet. I knew I needed more training before TdF.

I installed a 12-28 cassette on my Zipp 404 just before this TdS trip. I did not have time to tune the rear deraileur. I did the tuning several times during the trip. I think 34-28 (front-rear) is a tricky combination. 34-28 requires higher cadence but my heart went over the red zone. 34-25 was easier to handle on Flumserberg (mostly 9% max. 12%) with lower cadence.

There are big differences between Tour de Suisse and Tour de France. One exampl is that the security measures enforced by the organizers.

TdF has, of course, stricter safety measures. They shut out the streets and mountains long long before the peloton passes. Normal street are closed before the passage of publicity caravan until the end marker (voiture balai = broom stick car) and the remaining cars and motor bikes following the race (sponsors, journalists and others). We, general public, are allowed to use the streets sometime after. Category HC and first passes are almost always closed in the evening preceding the stage. Very well known passes like l'Alpe d'Huez or Tourmalet are closed days before the stage.

TdS, on the other hand, uses practical and relaxed safety measures. Streets are closed oly 15 minutes or 20 minutes preceding the passage of the peloton.

Flumsberg was closed at noon on Sunday.

Among other differences between the two tours is that TdS offers plethora of "petits cadeaux (free promotional givaways)." They gave us drinks, ice cream, flashlights with batteries, hats, caps, bags, crackers, cheese, sunglasses, sticky mats, mini sewing kits, towels and etc.

Oh my god! It pays to go and watch the race! Some items are going to be used during TdF. Thank you very much TdS! I love TdS.

Tour de Frace used to more giving years ago. Because of the economic problems France (European Union in general) is facing, petits cadeaux have been reduced in amount and quality. This year, I guess, will be no exception.


I will take pictures of those petits cadeaux later.

In Japanese:
無事に帰ってきました。楽しい観戦旅行となりました。

ツール・ド・フランスとツール・ド・スイスの大きな違いは、交通封鎖の厳重さでしょうか。ツールは道路を完全封鎖します。キャラバン隊が通過する直前からレース通過後まで一般車両は走れません。1級以上の山は前日の夕刻に封鎖するのが通例です。もちろん例外もあります。大きな駐車場のあるスキーステーションが頂上にあるリュウズ・アルディダンは当日の昼まで一般車が登ってきました。一方人が押しかけるアルプ・デュエズとかツールマレー峠は数日前から完全封鎖ですし。

一方のツール・ド・スイスはレース通過の10分とか20分前に車を止めるだけ。レースが通過したら、即規制解除。山でもほとんど同じ。だから、車で追いかけるのが楽でした。あまり考えなくても、観戦地点まで行けました。

また大きな違いと言えば、キャラバン隊の配布するグッズの量と質です。とにかくスイスはリッチな国なことを思い知らされました。電池付きの懐中電灯とか、ドリンク、食べ物(アイスにチーズに、クラッカーとか)、その他のものが質が良い物をふんだんに配布します。恐れ入りました。二年前にも追いかけましたが、さらに食べ物とかも増えてて、感動でした。さすがスイスはユーロ危機に影響されにくい独自通過の国です。まだ国に余力があります。

これまでのアップデートはiPhoneからの更新でした。今はパソコンから書いてます。

懐中電灯はさっそくツール追いかけ旅行に活躍します。もうひとつもらって嬉しかったものは(食べ物は嬉しいが、ここでは除外)、Search.chが配布してたダッシュボート用の吸い付きマットでした。車のダッシュボートのような傾斜してる場所に貼り付けると、そこにペンやら携帯電話やらを固定できるマットです。これもツールの期間中大活躍しそうです。

土曜日はバード・ラガス(スイスドイツの会場アナウンスだとバード・ラガツが正しい)のキャンプ場から(キャンプ場は土曜日のステージのゴールからほんの400mくらいの場所)自転車で出かけました。そして Flumserbergを登りました。ギヤは34-28で登ってるつもりだったのですが、実際には34-25で上りきりました。

一回も休まず、足をつかずに上りきりました。感動です(アホか、という指摘は理解してます)。脚に疲れがなかったためでしょう。日曜日は34-28で登りましたが、頻繁に休憩しました。やはり全然トレーニングが足りない。

今回のスイス旅行の直前にリヤカセットを12-28に交換しました。だからリヤ・ディレーラーの調整がまったくできてませんでした。今回の旅行中にいじってなんとか調整できた気がします。特に日曜日のレース中に途中休憩時間がありました。その間に「これまでにいじったことがなかった」ある調整ネジの意味が判明したりもしました(笑)。そのネジはリヤのカセットの歯数が大きい場合に有効な調整シロのネジでした。

土曜日に25で登り切ったのは意図してなかったのですが、その時点では28にチェーンが乗らなかったです。なんという手抜きな調整だったのか。

日曜日のステージは変則的なスケジュールでした。ゴール地点はどんずまりのスキーリフトステーションです。そこからは徒歩とマウンテンバイクでのみ先へすすめる場所です。よって先導バイクと後ろのチームカー等は降りてこれません。だから前半の半分の選手のITTが終わると、一気に車両が下ります。そしてその間を利用してキャラバン隊が登ってくる、というスケジュールでした。そしてキャラバン隊が通過後に、後半の第二部がはじまるのです。特に天候の変化がなかったので、前半・後半で不利になったことはなかったと思います。風の変化もほとんどありませんでした。

僕が居たのはゴール前2.8kmでしょうか。選手の多くはこの3kmゲートをボトルを捨てるタイミングとしてた様子です。数を多くのボトルが3kmゲートの手前に転がりました。僕は偶然?ですが、マヌエレ・モーリが捨てたビドンが足元に転がってきたので、ゲットできました。第七、第八と逃げに乗って積極的にレース展開を作ってましたね。調子が良いのでツール・ド・フランス出場は決定?

日本でも放映されたと思いますが、バイクチェンジをした選手が多かったです。あるいはTTフレームに後輪がディスクを装着せずに、そのまま登ってきたりとか。完全にTTフレームでリヤがディスクホイールだったのは全体で二人くらいだったと思います。この二人はタイムを狙ってないので、トレーニングのつもりで苦行を選んだのか?

多言語対応のスイスですから、前年優勝者で、今年も総合を争っていたルイ・コスタへの心遣いもありました。第八ステージではゴールにポルトガルの旗もひらめいていましたから、ポルトガル人のファンも居た様子でした。で、ポルトガル語ではルイ・コシュタのように発音するようです。

ルイ・コスタの息が聞こえる範囲で観戦してたわけですが、彼の走りは別格でした。恐ろしいくらい気迫がこもってるけど、表情が苦しくない。スルスルと登って行きました。残念だったのはもちろん、マティアス・フランクでしたね。第八ステージのゴール会場の解説でも、「あのファビアン・イエーカーVSヤン・ウルリッヒの最終日の一秒差の勝敗」の逸話を持ちだしてました。皆日曜日のITTが勝負を決めるとわかってましたから。

今週は部屋の掃除。ツールの準備、車のオイル交換とか忙しいです。

届いた太陽発電パネルの実験も必要です。ソーラーパネルですが、説明書はありません。箱の外側に簡単な説明があるのですが、生の定格出力の表示がありません。ネット上の説明だと24VDCとなってたので、降圧タイプのDC-DCコンバーターを購入したのですが、本当にそうなのか。万が一生出力が12Vだったら、昇圧タイプのDC-DCコンバーターが必要になるかも。大丈夫か?

来週日曜日は国内選手権です。だれがルクセンブルクのロードチャンピオンとなるのか。候補はレディオシャック・レオパードの誰かです。他は単独(例えばベン・ガウタウアーはAG2Rから一人)なのに、シャックは3人居ますから、チームプレーが可能です。今年はプロ転向したボブ・ユンゲルスもエリートのカテゴリーで争うはずです。

国内選手権を見たら、月曜日だけ働きます。そして火曜日は荷造りしてニースに向けて出発かな。

テーマ:自転車ロードレース - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/06/17(月) 14:39:06|
  2. Bike Races in Switzerland
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Le Gruyère catastrophy

Did you see that? Le Gruyère air-pumped gate collapsed! What happened?

I have seen a very similar but minor incident exactly like this during the Giro d'Italia (belgian stages) years ago. I think it was a small Mazda float. It was not over the parcours but placed roadside.

Cause: the blower's fuel ran out. It could be a combination of gasoline engine power generator + electric blower or gasoline engine electric blower that was pumping the air into that gate. When the fuel runs out and the blower stops, the air pressure goes down quickly bringing the whole structure down. I believe that this was the case.

In Japanese:
今日のステージでル・ブリュイエールのゲートが崩れた件ですが、原因はズバリ燃料切れでしょう。前に見たことがあります。燃料発電機と電動ブロワーの組み合わせだと思いますが、燃料が切れるとたちまちしぼみます。

同じ事をジロのベルギーステージで目撃したことがあります。マツダ(当時の車両スポンサー)の広告だったと記憶してます。ゴールの手前2km位だったかな。レース到着真近で、ガソリンタンクを持って駆け寄る作業員の慌て方がゆかいでした。
  1. 2013/06/14(金) 21:39:15|
  2. Bike Races in Switzerland
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Tour de Suisse 2013 Part VI

Now June 13, shortly before noon, I'm at Meilen. The peloton finishes on the main road along the "See" (lake) called Seestrasse. I parked my car along Seestrase off Meilen. This was the closest free parking I could find. In the shade by the way. Since yesterday we have summer here in Seitzerland. It is hot under the Sun. Who said good things come in two? I found a free WIFI here, too!

I'm going a bit of dirty repair job on my bike and intend to ride on it.

Later I will watch the race on TV by the team bus parking.

Later in the evening I will drive to Bad Ragaz.

It 14:30 and I did the last category 3 hill. It was fun!!! Nice weather! Maybe too hot for the riders but a good preparation for the "Tour".


In Japanese:
マイレンに居ます。ちょっと街から離れた場所に無料の駐車場を見つけました。道沿いの歩道に乗り上げて駐車する住民用の駐車場です。街に近い場所では有料です。まあミグロスの駐車場を利用すれば、街中心部でも無料ですが。

せっかくの晴天なので自転車乗ります。

夕刻にはレース観戦し、その後は、Bad Ragazへ移動です。

プロテクトされて無いWIFIがこの木陰の駐車場所に届いてます。ラッキーです。

最後の3級カテゴリーの山を上ってみました。楽しかった(苦しかった)です。
  1. 2013/06/13(木) 10:23:56|
  2. Bike Races in Switzerland
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Tour de Suisse 2013 Part V

Now, Wednesday June 12 evening, I am at a camping site in Zürich. Not far from tomorrow's finish Meilen. I thought, TomTom on my iPhone led me to believe, that there was a camping site near Meilen but I could not find it. I crossed the lake on a ferry for nothing!!

This morning I woke up early and spun my legs. I was in Buochs and had fun climbing the local hill. At the lake level, the altitude was about 400 meters. I climbed up 470 meters in altitude. OMG, it was not easy at first. I haven't been a good boy and did not train much. And hills are scarce in Luxembourg. That is why I came to Switzerland, to train.

Tomorrow I will drive to Meilen and try to find a good place to park. Then I will get my bike out and ride.

At the end of tomorrow, I will drive to Bad Ragaz and check in a camping sute (hope it not full).

In Japanese:
現在12日の夕刻。先ほどテレビでツール・ド・スイスを観た。あやふやな記憶だが、今回のスイス旅行での驚きが、このデジタル地上波の充実だ。以前は映らない事が多かった印象があった。

チューリッヒの湖畔のキャンプ場に居ます。本当は明日のゴールのマイレンの近くのキャンプ場に行くはずだったが、iPhoneのTomTomにあるキャンプ場は存在しなかった(見過ごした?)。

そこへ行くためにフェリーにも乗ったのに。そうです、渡しのフェリーに車で乗りました。

初日のクイントのステージ後の移動では列車にも乗りました。車ごとです。フルカパス(峠)がまだ封鎖されてるので、電車で車ごとトンネルを抜けて山の反対側へ行くのです。さすがスイスです。

今朝の時点ではブオックスに居ました。朝早起きして近くの山を上ってみました。最初辛かった。トレーニング不足。

明日は朝マイレンへ行き、車を停めて、自転車で山上ります。
  1. 2013/06/12(水) 11:44:42|
  2. Bike Races in Switzerland
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
Older Pages

プロフィール

Leopard

Author:Leopard
ロード自転車レースが好きでロードレースを追いかけてます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する