FC2ブログ

欧州自転車レース追っかけ日記

欧州在住者が自転車レースを追い掛けてる日記とか

2010年のレース観戦計画 Part II

下記が全部生観戦できるわけではありません。(そんなことしたら、仕事失ってしまいます)
下記はTeam Saxo Bankのサイトからスケジュールをコピーし、スペインとかイタリアとか遠い地域のレースを削除したものです。

さて、現実的には、日曜日のレースを観る予定です。

February
20-21 (Wed-Thu) Tour Cycliste Int. haut Var FRA
27 (Sat) Omloop Het Nieuwsblad Elite BEL
28 (Sun) Kuurne-Bruxelles-Kuurne BEL

March
03 (Wed) Le Samyn BEL
05-07 (Fri-Sun) Driedaagse van West-Vlaanderen BEL
07-14 (Sun-Sun) Paris - Nice FRA
21 (Sun) Cholet - Pays De Loire FRA
24 (Wed) Dwars door Vlaanderen BEL
27 (Sat) E3 Prijs Vlaanderen - Harelbeke BEL
28 (Sun) Gent - Wevelgem BEL

April
03 (Sat) Hel van het Mergelland NED
04 (Sun) Ronde van Vlaanderen BEL
05 (Mon) Rund um Köln GER
07 (Wed) Scheldeprijs BEL
11 (Sun) Paris - Roubaix FRA
18 (Sun) Amstel Gold Race NED
21 (Wed) La Flèche Wallonne BEL
25 (Sun) Liège - Bastogne - Liège BEL
27-02 (Tue-Sun) Tour de Romandie SUI

May
05-09 (Wed-Sun) 4 Jours de Dunkerque FRA
26-30 (Wed-Sun) Bayern-Rundfahrt GER

June
02-06 (Wed-Sun) Skoda-Tour de Luxembourg LUX
06-13 (Sun-Sun) Critérium du Dauphiné Libéré FRA
12-20 (Sat-Sun) Tour de Suisse SUI
16-20 (Wed-Sun) Ster Elektrotoer NED

24 (Thu) National Championship
27 (Sun) National Championship ITT

July
03-25 (Sat-Sun) Tour de France FRA

すると、2月末のKBKは観れそうです。

3月はパリ・ニース、Gent - Wevelgemが観れそうです。Gent - Wevelgemはこれまで観たことがないレースなので、楽しみです。でも観れるかどうか分かりません。Driedaagse van West-Vlaanderenというレースがリストアップされてます。これもがんばれば観れそうな距離にあります。


4月は良いレースが目白押しです。今年はフランダースとケルンが日曜日・月曜日が続くので、これを観たいです。前にこれをやりました。フランダースのゴールからケルンまでの移動が大変でした。

もちろん、パリ・ルベー、アムステルゴールド、リエージュとこの辺も絶対に見逃したくないレースです。

5月はジロがあるので、他のレースが希薄です。バイエルンは遠いので、見れる可能性は少ない。

6月は地元のツールドルクセンブルクを観る他は未定ですね。ツールドフランスはできるだけ観たいです。有給休暇をここで取る予定です。

テーマ:自転車ロードレース - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/01/24(日) 22:26:09|
  2. Calendar and Results
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

2010年のレース観戦計画

パリ・ニースのルートが発表された。初日のプロローグはMontfort-L'Amauryという街で行われる。パリの西へ約40km程度かな。ルクセンブルクからだと、400km強だ。行こうと思えば行ける。

これから様々なレースのホームページ等を巡回して、今年のコース設定を検討します。

テーマ:自転車ロードレース - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/01/22(金) 00:49:05|
  2. Calendar and Results
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年シーズンのスポンサー決定?

メディアの伝えるところによると、サンガード(SunGard)が2011年度からメインスポンサーになる様子だ。詳細がはっきりしない(つまり、詳細を公表してない)ので、断言はできないが、2011年度からはTeam SunGardとなる様子だ。

詳細がはっきりしないとは、スポンサー料を公表してないので、単独のタイトルスポンサーとなってるのか、他にサブタイトルスポンサーがありえるのかがはっきりしないのだ。サブタイトルスポンサーを募集しなければならない程度のスポンサーからの資金なら、例えばTeam CSC - Saxo Bankみたいに、チーム名に2つ(以上)の会社名が並ぶことになる。

とにかく、お金持ちそうなIT会社なので、有力選手の流出は防げるだろう。でも、サンガードの財務内容が本当に健全なのかはしらない。不安もある。なにせIT Factoryという幻のスポンサーを経験したからね。疑いたくなる。

今期のレース観戦スケジュールを立てる予定です。前年はレースが観れなかったので、今期こそです。ガンガン生観戦します。

テーマ:自転車ロードレース - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/01/21(木) 16:25:19|
  2. Team Saxobank
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新スポンサーの登場

突然降って湧いたニュース。予算的にCo-sponsorとなる金額を約束していないが、今年からスポンサーとなり、来期からはメインのスポンサーになりえるかもしれないちょっとお金持ちそうな会社が名乗り出た。

SunGardというIT会社だそうだ。IT会社と言えば、CSCがあって、あの幻のIT Factoryもあった。リースサイクリングはIT系の企業に縁があるようだ。

まだスポンサー探しは続くようだ。正式に2011年のメイン(タイトル)スポンサーが決まるまでは、時間が掛かるだろうけど。まあ良かった。

テレビの件で、ちょっとつまらないことを書きます。ドイツ滞在時代にはKing of Queensというコメディー系のドラマを良く観てた。当然吹き替えのドイツ語版だった。それを現在オランダ系のチェンネル(オランダ系は、rtl5), rtl7), rlt8)とかの名前だ)で観ることができる。

で、オランダ系はアメリカのドラマは原語の米語を垂れ流しだ。で、画面下にオランダ語の字幕つき。で、登場人物達の声がなんとなく、おかしい。声が変だ。

で、すぐに気づいたが、ドイツ語吹き替え版の声優の声に馴染みすぎていて、オリジナルの俳優達の声になじみがなかったのだ。うーん、そんなもんなのか。北欧でも米国のドラマ系は原語を垂れ流しらしいが、真相は不明だ。でも、そのおかげで、彼等は英語が上手だ。アクセント・イントネーションも実に米語風に自然だ。

SunGard、どうもありがとう。

テーマ:自転車ロードレース - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/01/12(火) 18:04:36|
  2. Team Saxobank
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英語の音声放送

窓際でちょうど良いアンテナの設定ができたらしく、ドイツ系、ベルギー系、フランス系の放送局がほぼすべて受信できた。

で、以前から繰り返してるが、ドイツの放送局は音声は必ずドイツ語(吹き替え等をしても)だ。一方、フランス系では英語音声の放送もある。アメリカのドラマ系だ。今TF1という局でCSI Las Vegasを観てる。楽しめる。NRJ12というフランス系の局でもフレンズが英語音声で楽しめた。

ドイツはどうしてそこまでしてドイツ語にこだわるのか。理解できない。

現在欧州(北側)の天気は雪。ニュースでもドイツ、フランスでの雪の様子が伝わってくる。ルクセンブルクも雪模様だが、マイルドな雪だ。塩をまくと解ける程度だ。
  1. 2010/01/10(日) 23:03:54|
  2. Info Luxembourg
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルクセンブルクでのデジタル波受信Part II

現在の部屋には窓が2つある。かろうじてと言うか。一つはほぼ南西向き、一方はほぼ南向き。そのどちらの窓際にアンテナを置くかによって、受信できる局が違う。南方向の窓際だと、フランス系が入る。シュレック家の街Mondorf-les-Bainsの方向がフランス向きで、比較的近くに大きめの街がある。そこに多分送信施設があるのじゃないだろうか。一方の南西向の窓際だとベルギー系が良く入る。確かに西はベルギーだ。もし東側に窓があれば、そこからはドイツ系が受信感度が良いのだろう。困ったもんだ。周りに高いビルもあるし、ビル影障害も多少あるだろうし。

志向性の無い、ちょっと高めのアンテナを購入するべきなのでしょうか。

2008年のツールを追い掛けてベルギーに居たときはこのベルギー系の放送局を観た。自転車競技に関心が高い国だから、スタート前からゴールまでずっと垂れ流し状態の放送だった。

アナログ放送の受信も試してみた。ほとんど観れない。砂嵐状態だが、数局は見つかる。でも音声も聞こえない程度だ。実用じゃない。

そんなデジタル地上波状態です。高いアンテナを物色してみます。
  1. 2010/01/10(日) 00:45:26|
  2. Info Luxembourg
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルクセンブルクでのデジタル波受信

色々試してみた。アンテナをちょっと感度の高いものにして、何回も、何回もチャンネルサーチをしてみた。

今回購入したLenco TFT1020にはアンテナに電源を供給するかしないかを選択できる機能がある。電源を供給すると感度が上がるタイプのアンテナがあるからだ。

その他、昔ドイツで購入したアナログ?(デジタルにも使えるけど)タイプの外部電源を使う室内アンテナがある。これでサーチを複数回した結果。

ルクセンブルク系の局は電波が比較的強いらしく、いつも受信できる。約10局程度で、ほとんどがゴミ。昼と深夜はテレビショッピングだけとか。

ドイツ系の電波も入る。ドイツの隣の州から届いているのかもしれない。

ベルギー系(la une, la deux, la trois)、つまり、第一、第二、第三放送も入る。入るのだが。問題もある。問題は後述。

フランス系の電波も入る。多分フランスから届いてる。TF1, France 2, 3, 4, 5とか。

問題は、アンテナの志向性だ。ベルギー系の電波が良く入る方向にアンテナを設定すると、ドイツ系が入らなくなるか、とても弱くなる。ドイツ・ベルギー系がそこそこ入る方向だと、フランス系が入りにくいとか。

とりあえず、英語での放送(オリジナルの英語でフレンズが観れる)があるフランス系を大事にしたいので、アンテナをフランス系にしてチャンネルサーチして、チャンネルを記憶しておくしかない。でも、ドイツ語の放送なら、そこそこ理解できたりして、無視もできない。

で、部屋から衛星電波を受信しようとトライしてるのだが、コンパスを狂わせる磁気系のものが部屋にあるらしく、キッチンのどこかにあるらしく、コンパスが使いづらい。部屋の窓も小さく、今一衛星キャッチには苦労してる。まあ、後に何とかしようと思う。
  1. 2010/01/09(土) 14:51:26|
  2. Info Luxembourg
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またスポンサー問題か

いつものことだが、リースサイクリングはスポンサー問題で悩む。Saxo Bankも2010年度シーズンをもって終了だ。2008年、2009年とフランスでツールを追い掛けると、ラジオでSaxo BankのCMをよく聞いた。ツールの実況の合間にCMが入った。このようにツールを利用してメディア露出を高めたのだ。もう、目的を達成したのか。

で、2011年の新たなスポンサーは?

チームの構成はすでにオフィシャルサイトで好評されてる。選手の行方は簡単に分かる。で、スタッフの行方は分かりにくい。例えば、この前Saxo Bankのメカニックに会うことがあって、彼の口からチームスカイへ移ることを聞いた。Saxo Bankのスタッフで行方不明が居る。スカイへ行ったのか、別のチームへ行ったのか。彼はベテランだから、給与が高いだろう。それで、財政難のチームSaxo Bankから別のチームへ移ったのだろう、と推測。

チームのサイトを見ても、メカニックとかマッサーまで詳しく載せてるチームは少ない。だから、実際にレース会場でチームバスを見回るとか、補給ゾーンで探して、彼等の移籍先を知るのだ。

知り合いの選手・スタッフが別のチームへ移るのは、一方で寂しいが、一方で利点もある。別のチームでも顔が利くことになるからだ。特にチームスカイは顔見知りが多いので、実に応援しやすいチームだ。

とにかく、新しいスポンサーが早く見つかって欲しい。がんばれリース御大。

テーマ:自転車ロードレース - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/01/09(土) 00:59:58|
  2. Team Saxobank
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テレビ(受信機)買いました

近くの電器屋さんで、セール中(この時期、どこもかしこもセール中です、これがルクセンブルクの年中行事なのかな)のテレビ受信機(小さなLCD画面のテレビです)を購入。

以前から使ってる同様(バッテリー内蔵で、車のシガーソケットからも電源が取れて、外部からのAV入力端子がある)のものは、アンテナに問題があった。外部アンテナがMCXという端子で機器につながる。このMCXというのが細いケーブルの先についた実に細いピンの端子なのである。経年とともに接触が悪くなり、アンテナの受信感度が著しく落ちるのだ。

で、新しいものを探してた。偶然近くの電器屋にあったのが、ちょうど良いタイプだった。

Lenco TFT1020という製品。インターネットで検索するとメーカーサイトもすぐに見つかります。バッテリー内蔵だし、外部からのAV入力もあり、アンテナもテレスコピックタイプとケーブルで繋ぐ外部タイプの選択肢があり、車のシガーソケットアダプタも同梱だし、問題なし。それに、PC入力端子もあるので、パソコンの画面としても使える。USB端子があり、USBメモリーを挿して、そこに記憶されてる映像、画像を再生とかもできる。その他のメモリーカードも複数読める。アナログ電波も拾える。

で画面も大きい。画面が大きいのは消費電力が大きいわけで、電池駆動時の使用時間がどれくらいなのか不安だが。この問題は別の解決策を用意してる。小さなバッテリーを購入する予定だ。シガーソケットから12Vを取れるタイプの場携帯電池。重さが4kg程度のものだ。

で、早速使用してみた。おー、全然違うぞ(前のテレビと)。受信できる局がちょっと多いし、英語の番組もあるぞ。オプラ・ウインフリー(懐かしい、昔米国に住んでた頃はよくテレビで見た)がホストを務める番組で、有名人が料理を披露する番組?で、英語の音声を流してて、オランダ語の字幕付きだ。オランダ系のチャンネル?

ということで、このテレビで楽しみます。

オランダ人が英語が上手な理由もこの辺にあるのだろう。英語を普段から聞いてるから、自然と上手くなる。僕も昔、昔、英語の勉強をしようと努力した。テレビでは洋画はすべて副音声の英語で観た。NHKのセサミストリートも昔は、主音声が英語で、副音声が日本語だった。今は確か逆。これじゃ、日本人英語上手くならないよ。理解するしないじゃなく、まず、理屈無しに英語を聞かなきゃだめだよ。
  1. 2010/01/09(土) 00:26:08|
  2. Info Luxembourg
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルクセンブルクなテレビ番組

前のエントリーに書いた例のテレビ番組観ながら書いてます。シュレック兄弟とキム・キルシェンの2009年の活躍をまとめた番組。使用言語は当然ルクセンブルク語です。キルシェンの嫁さんも登場するし、シュレック家の人々も登場。ローカルだ。

キルシェンの嫁さんはCarolineという名前だそうだ。ルクセンブルクは多言語国家で、英語名の人たちが多い。例としてシュレック家の男性はすべて英語名(フランクの場合はドイツ語正書法のウムライト、つまりAの上に点々が付いてるが、それは、むしろドイツ語的なのじゃなく、フレンクと英語風に発音させるように、わざわざつけてるということなのです)。それをどう読むかはまた別の話だろうけど。嫁さんはキャロラインなのか、カロリーンと発音されるのかは知らない。

知り合い達の顔が多く登場して面白い映像だ。例えばアムステルゴールドのフランクの転倒シーンが大型スクリーン映し出されるあのゴール前のファンクラブが集う場所の映像も出た。あの時テレビ局の人たちが居たとは気づかなかった。

楽しい番組ですね。登場する人たちが、ドイツ語、ルクセンブルク語、フランス語を離してるが当然字幕とかは無い。それらを当たり前に理解するのが視聴者達です。

今年はシュレックファンクラブに入会しようと思う。

Cyclingnews.comにあるが、アンディーがルクセンブルクガーオブザイヤーに選ばれた。僕の方が早かったぞ。それにフランクの大晦日の結婚式(役所での手続き)も綴られてる。実はこの結婚式に出席できそうだった雰囲気はあったのだが、仕事があったのだ。残念だ。悔しい。

テーマ:自転車ロードレース - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/01/03(日) 23:12:57|
  2. Bike Races
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

引越しして、じゃ、何が変わったのか

直線距離(高低差もあるが、三次元的には2kmも無い距離の場所)ではすぐ近所に引っ越した。でもここは丘の上。で、違いは携帯電話網の電波が強い(3Gモデムでインターネットを利用してるので助かる)、DVB-T(デジタル地上波)がなんと受信できる。ルクセンブルクじゃ、放送が無いのかと思ってた。たいした局はないのだが(面白い局は有料とか)、でもテレビが観れる。すごい。小さなLCD携帯型テレビでニュースとかを見てる。

例えば、昨年のルクセンブルクオブザイヤーはアンディーシュレックで、兄は4位。そんなニュースも観れる。日曜日の午後6時50分からは自転車関係の番組があるらしい。要するにシュレック兄弟とキム・キルシェンの昨年の活躍とかを綴ったものらしい。さすがルクセンブルグ。ローカルだ。

部屋の窓から衛星(アストラ)が捕まえられるかはまだ試してないが、土曜日に試してみるつもり。部屋の中は箱とかが散らばってて、足の踏み場も無い。あー、時間が欲しい。
  1. 2010/01/02(土) 00:29:09|
  2. Info Luxembourg
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Leopard

Author:Leopard
ロード自転車レースが好きでロードレースを追いかけてます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する