欧州自転車レース追っかけ日記

ブログタイトルのまま、欧州在住者が自転車レースを追い掛けてる日記。名前に偽り無し

Learning Luxembourgish and Acton Blink S2

Learning Luxembourgish

I listen to the audio tracks that accompany the book I currently learning from, "Learn Luxembourgish" by Liz Wenger as often as possible, on my way to work and home by bus, while I surf on the net or I have nothing else better to do.

Today, I had time between things to do so I parked my car, Mazda MX-5 (a.k.a. Miata) in a parking full of green foliage and started reading the book with the soft top open. It was a nice day.

The book is 231 pages long and I just scanned through page 40.

I have really basic knowledge of German grammar. My French is really primitive. I have (or used to have at least) an extensive knowledge of English grammar. I have (well on the paper at least) Bachelor's degree in a foreign language that I don't wish to name here from my university days.

So, to cut to the chase, I assumed that Luxembourgish was basically a German dialogue heavily influenced by French vocabulary.

This so-called (the author names it so) n-rule struck me as totally strange or odd.

Everybody knows that it is just a matter of convenience to say an apple instead of a apple or an FBI agent instead of a FBI agent. This padded "n" comes natural to me or anybody who speaks English.

The "n-rules" in Luxembourgish is like this padded n before vowels (phonetically but not alphabetically) in English but is much wider in usage. It (n-rule) affects not only articles (like 'a') but in almost all aspects of the language.

It blew my mind away!

If you have to know what n-rule is, you have to start learning Luxembourgish.

Acton Blink S2

There have been numerous updates from Acton and by now we (Blink S2 backers in Europe) all know that we expect to have it delivered by the end of September. The latest update told us that the ship has left (from China?) for France and is expected to arrive in France on August 29. They (Blink boards) will be subjected to the French customs official and have to be cleared before forwarded to the import agent near Paris.

I am expecting mine to by my side by the end of September. A long wait! I thought I would have it by the end of March or April while the Indiegogo campaign was going on.

Mazda MX-5

I don't have the jack or lug nut wrench by me yet. I don't have the waterproof coating chemical spray by me yet. I may clean my car a bit and apply RainX on the window shield Tomorrow. I have time.

I have to take the old wheel/tire set from Ford Ka and take pictures of them to push them on ebay.

In Japanese: 続きをどうぞ
ルクセンブルク語の習得をしようと思い立ち、本を買いました。オーディオトラックはインターネットにあるので、無料で聞くことができます(SoundCloud上にアップロードされてる)。

これをiPad mini 2に入れておいて、通勤途中とか、そんな時間を利用して聞いてます。

やっと時間を見つけて、本を読み始めました。230ぺージある本で、最初の40ぺージ程度を斜め読みしたわけですが、衝撃の事実を発見しました。

ルクセンブルク語がドイツ語の方言であることは間違いありません。フランス語の語彙を多く取り入れてることも間違いありません。その辺を紐解いてみたかったわけです。

衝撃の事実とは、一言では言えませんが、簡単に説明すると、次のようになります。

英語を習い始めた日本人がつまづく様々な英語の決まりごとがあります。一例が
I have a pen.
I have an apple.
でしょうか。アップルが一つあるならアンナップルとなります。このnの付加は読みやすさの便宜的なもので、それを敢えて綴りに反映させたものです。

英語での間違いですが、「nが母音の前に現れる」と思ってる人がいます。それは間違いです。母音(アルファベット)の前ではなく、「音声上の母音の前に現れる」が正解です。
an appleと同じですが、連邦捜査官(FBI agent)が一人の場合はan FBI agentです。Fはeffと発音しますから、音声上はFは母音と同じになり、nが出現します。そんなことはどうでも良いが。

少し前にネットで発見した時計の文字盤の装飾ですが、「Keep Calm and Drive a MX-5」というものがありました。これは正解でしょうか。間違いですね、「an MX-5」が正解となります。残念です。

発音を綴りに反映させる程度の問題です。他にも英語だと古典的にimpossibleのようにinという否定の接頭語がpとかその他の唇を閉じて発音する文字に繋がると、それを綴りに反映させてます。しかし二つの言葉を合成した単語の場合は、発音を反映させずに綴りを優先します。例えばinputですね。これをimputと綴ると元来の意味が不明になります。でも発音上はimputとしても同じですね。

このようにnという文字(アルファベット)が続く文字によって消えたり・現れたり・変化する現象はあるのです。

このnの扱いは英語だとそれほど重要ではありません。

ところがルクセンブルク語ではこのnの出現・消滅が非常に重要だったのです。英語では不定冠詞aがaのままか、anとなるかだけでしたが、ルクセンブルク語ではものすごく広範囲(冠詞だけじゃない)で扱われる法則だったのです。

面白いので、もっとこのルクセンブルク習得本を読み続けます。
  1. 2017/08/03(木) 00:42:34|
  2. Diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<A jack, a wrench and a spray from Amazon Germany | ホーム | MX-5 effect, Dash cams and Wacaco nanopresso!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teamcsc.blog93.fc2.com/tb.php/2171-0e9d9ede
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Leopard

Author:Leopard
ロード自転車レースが好きで、Trek-Segafredoを中心にレロードレースを追いかけてます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する