欧州自転車レース追っかけ日記

ブログタイトルのまま、欧州在住者が自転車レースを追い掛けてる日記。名前に偽り無し

Dear Diary

To be written later!

Fuses or confusing

medium-small-mini.jpg

I was at a local DIY type store (a smallish store) the other day to look for some small electric parts needed to wire a small electric gadget on my beloved MX-5.

First I looked for them on the shelves in the electric parts area and found none. I moved to automobile stuff area and found them but they were sold in a package of assorted pats. I did not want to pay more for unneeded things so I settled for a small package that included not so optimal parts.

My purpose was to hook up this thing to the fuse box located just next to my left foot.

This thing is a 12V DC to 5V DC USB converter which has two USB ports.
12vtousb5vcomverter.jpg

This thing is a splitter from the fuse.
fuse-fork-wire.jpg

I was dismayed when I found out that my MX-5 uses different fuses than "Medium" type. I have to come back to measure the fuse to know exactly which type those fuses are. I was a fool not to check the size of them before I purchased the splitters.

fusesmx5.jpg
According to the PDF manual, MX-5 seems to use "Mini" type fuses.

Torque wrench

Just next to the small wiring parts that I purchased in the previous story, there was a torque wrench meant to be used for changing the tires (or wheels) on an automobile. It was kind of cheap with an extension and two sockets (17 / 19 mm). It was around €35. I did not buy it. I am not sure of the quality of those eminently inexpensive tools.

In Japanese:続きをどうぞ
日記です。

先日ある(日本のホームセンターに相当する)お店に行って、車の配線処理をするための電装の小さな部品を探した。探していたものはセット売りになっていて、必要じゃないものと抱き合わせ販売だった。そこで代用品を買った。

日曜日に仕事の合間(そうです、こちらの社会の底辺で働いている身なので、日曜日でも仕事があるのです、休日が平日になることが多いこの頃)に配線作業開始。車内の足元にあるフューズボックスから分岐させて、USB電源に変換するアダプターを結線するつもりだったそこで、衝撃の発見があった(衝撃では無かったけど)。

英語の文章中の画像はその比較図(をamazon.deからもらってきた)

僕の車の車内ヒューズボックスは昔のヒューズサイズでは無く、小さいサイズだった。どうやらミニらしい。厳密に大きさを計測して確実に限定しないといけない。せっかくアマゾン(ドイツ)から買ったヒューズ分岐ケーブルが使えないじゃないか。買い直しだ。

取り付けしたかったのはUSB電源を増設するコンバーターだ(英語の文章中の2枚目の画像)。USBポートが二つ増設できる。これを配線するのに、直接足元のヒューズボックスから電源を分岐したかったわけです。この分岐ワイヤーが3枚目の画像です。

4枚目の画像は車のマニュアルからのクリップです。これを見るとミニタイプのヒューズが使われてる様子です。このヒューズは指では抜けない(程きつく刺さってる)。抜く際にはエンジンルーム内のヒューズボックス内にある簡単な工具を利用するのだそうです(とマニュアルに記載されてる)。

フランス
コインで支払うセルフ洗車場が近郊に無いことは繰り返しここに書いてます。フランスには在るのに、ルクセンブルクじゃ見当たらない。

ドイツ 
ドイツでもあると思うのだが、以前ドイツに住んでいたことがあるのだが、記憶に無い。検索するとドイツらしい結果が出た。ドイツの洗浄機械メーカーで有名なケルヒヤー(Kärcher)の機械をフィーチャーしたチェーン店が多く存在する。これはルクセンブルクとフランス国境にもある。所在地はフランス国内だが、国境線からほんの100メートルとかそんな距離だ。この国境線のルクセンブルク内側には、無数のガソリンスタンドとタバコ・アルコール販売店が並んでる。

ベルギー
ベルギーにも在る。例えばフレッシュ・ワロンヌのレースのゴールの街(ウイ)には在る。複数回「そこで洗車しよう」と思ったのだが、結局時間を取れなくて、実現して無い。その他のベルギーの街では見かけた記憶が無い。(ルクセンブルクに近接するエリアの)フランスに多く存在する「青い象」というフランチャイズ展開の洗車場もベルギーにある。その他のセルフ洗車場も在る。

日曜日はワックスを掛けた。土曜日には雨が降った。仕事後の帰宅時には車はびっしょり濡れていた。その水分を利用して車両全体を軽く拭き取り洗車できた。だから日曜日は時間があればワックスをかける予定だったのだ。ドイツ製のCarronというポリッシュ系のものを使った。

車を空いてる駐車場に停めて、そこでワックス・コーティング処理をした。そこで発見した。
1. 以前使ったImpregno製の防水加工剤が塗装上に固まってこびりついてた
2. ボンネットに傷(工場での塗装時にできたもの?)を発見

以上を処理するために、以前ドイツで買った車用の研磨クロス(ウエットティッシュ風のもの)を取り出して、擦りまくった。かなりの時間を要したが1.2.ともほぼ完璧に除去できた。

今後幌の防水加工をする際はマスキングをするべきだと認識した。

Carronというコーティング剤だが、効果のほどはまだ不明だ。塗布し、磨き終わると確かにツヤツヤとなり、手触りもすべすべになった。撥水効果も多少あるという触れ込みだが、水玉が丸くなるほどではない。

月曜日はフランス国境沿の街(ルクセンブルク内)で働く予定となってる。そこからならほんの数キロメートルで例のコイン・セルフ洗車場に行ける。前回は洗車道具を持ってなかったので、泥を落としただけだったが、今回は洗車道具を持ってでかけることができる。今回は掃除機をつかって室内を軽く掃除しようかな。

本格的に撥水加工するのは日本の製品を入手しないとダメだ。こちらの製品は遅れてる。


この秋に同僚が一人日本へ一時帰国(有給休暇)する。その同僚に頼んで買い物をしてもらおうと思う。日本から撥水コーティング剤を買ってきてもらおうということだ。現在選択中だ。豊富にあるので、逆に選択に迷って困るくらいだ。

簡単にYouTubeで探しても、キラサクとか、ワコーズのVarious Coatとか、その他が見つかる。飛行機の預け荷物にすれば、前者は簡単に運べるだろう。後者(ガス入りのスプレー缶タイプ)は大丈夫だろうか。安全を取れば、前者のタイプが良いだろう。

テーマ:愛車と日常 - ジャンル:車・バイク

  1. 2017/08/21(月) 00:23:26|
  2. Diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Waiting for the rain and Android 8.0 Oreo | ホーム | What would you do if you had a month of vacation?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teamcsc.blog93.fc2.com/tb.php/2182-f4c1110c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Leopard

Author:Leopard
ロード自転車レースが好きで、Trek-Segafredoを中心にレロードレースを追いかけてます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する