欧州自転車レース追っかけ日記

ブログタイトルのまま、欧州在住者が自転車レースを追い掛けてる日記。名前に偽り無し

Waiting for the rain and Android 8.0 Oreo

Android 8.0 Oreo

My Google (LG) Nexus 5X is guarantied to receive this update, Android 8.0 Oreo (and subsequent 8.* bug fix updates). After this 8.* updates, Google won't promise any more updates like Android 9.0 or so. It is OK.

999 km and more

mx5-999km.jpg

The odometer hit 999 km this evening on my way home from work. Now it is over 1,000 km. I am planning to do the break-in for the first 1,5000 km or so. I have not revved past 3,000 rpm yet. After hitting 1,500 km, I will gradually rev the engine and start to hear the engine roar.

Today, I had a small experiment inside my car. I brought my 4G USB Modem (mobile phone network modem) inside the car and connected the Mazda Connect to the Internet.

I learned that this way I could get some information from the net while driving. For example, the navigation software can get the weather and traffic info. The gas price info did not function but technically it should work somewhere where this info is available on the net.

It might be a good idea to have this small 4G USB Modem on board when travelling in Luxembourg. This 4G modem can connect to the net inside Luxembourg. I don't think it can roam outside Luxembourg. It is just for fun and not too practical.

Speaking of the navigation software onboard, I will check to see if the map updates are available. The URL I need is http://www.nng.com/partner-materials so says the navigation software's about information screen. If I remember correctly, the map and its updates are free for the first three years and after this I have to pay some dough to get the further updates. I am not sure if I will pay after three years as my Garmin Nüvi device is the main navigation device. I don't use the Mazda Connect navigation software for any important routing.

mx5navigation-website.jpg

Speaking of navigation software, my iOS app, TomTom Western Europe, will have another major update in September (supposedly then updated for iOS 11 platform) and after this TomTom will drop the support for this app. They are gently urging old users (of those various region specific navigation software versions) to upgrade to TomTom Go mobile or whatever it is called. As a bonus for us (old users), the first 3 years we get the software license for free. After this we have to pay (about €50 for further 3 years or so).

I will see. My iPad mini 2 has TomTom Western Europe on it. As my iPad mini 2 is a wifi only version, it can not navigate at all. I am considering getting a Bluetooth (connection capable) GPS signal receiver.

It will be nice if I can use cheaper GPS receiver but iOS does not allow it. For iOS devices, only expensive GPS receivers will do the trick.

In Japanese: 続きをどうぞ

雨が降っても楽しいかな?

今週の金曜日は降雨確率が高い。おそらくどこかで雨が降る。

雨を待ってます。車に塗ったコーティング剤がどのような反応を示すのかを見たいだけなのだが、雨を期待してます。今日は曇り交じりだが概ね晴れだった。車の上には細かいチリが積もってきた。車はの外観はまだヌルヌルのテカテカ状態だ。日曜日に塗布したCarronと云うドイツ製のコーティング剤が効いてる。

このコーティング剤だが、まだまだボトルに大量に残ってるので、時間が開けば次の日曜日にも塗布しよう。前回は両サイドのドアとドア下のシル(英語でSill)部の研磨が足りなかったので、そこを重点的に行うつもりだ。車内のブラスチック樹脂で光沢のある部分にも使える。ヌルヌルのテカテカの艶がでて気持ち良い。

車の洗車やらワックス掛けにこれだけ労力を注ぐのは久しぶりだ。あれは日本でSmartに乗ってた頃以来だ。あの車は小さくて、外装も樹脂部品が多かったし、ワックス掛けも洗車も楽だった。楽しい車だった。二人乗りという点も共通してる。もちろん日本で乗ってたけど運転席は左だった。考えてみると共通点が多い車だ。僕の車の好みが、「黒くて、小さい車」と一貫してるからだ。

高速道路を走る時の速度

最近は涼しくなってきた(欧州の北側ですからね)。MX-5でフルオープンで走行する場合90km/h程度だと風切り音も風の巻き込みも気にならない。これが100km/h程度になると、頭の上を通過する風邪が気になる。サングラスをして目を保護しないと目が乾きやすい感じがする(あくまでも感じですが)。高速道路を走行する場合は90km/hが最低ラインとなる。大型のトラック、トレーラーがこの90km/hが法定速度なので、トラックやらトレーラーの後ろについて目立たなように走るなら全く問題ない。単独で走るならもうちょっと出せば後方から追いつく車にも迷惑じゃない。

慣らし運転について

最近の車両の製造精度からして、それほど気にする必要は無い、という説もある。しかし、長く大事に乗りたいので、今は慣らし運転中だ。ネットで再度しらべると1,000km程度で慣らし運転は終了でも良いらしい。現在はその1,000kmに達した。よって、前回書いた1,500kmまでと云う数値を変更し、ここから1,500kmまではエンジン回転数を4,000rpm(加速中)から5,000rpm(減速のダウンシフト)程度までを許容範囲としよう。

走行距離が1,500kmを超えたら、さらにエンジン回転数を上げて走行します。

エンジン回転数を上げ気味にするので、若干燃費は落ちるだろうが、エンジンを回さないと「回らないエンジン」なる、という話を読んだこともある。MX-5のエンジンは小気味好く回るエンジンだそうなので、やはりレッドゾーンまで回すことも視野に入れる。

最初のエンジン交換を早めにしてしまう予定だ。マニュアルだとエンジンオイル交換間隔は15,000kmとなっていて、そこまで交換しなくても良い、となってるが、初回はそんなに伸ばさないで、交換します。

MX-5用のマツダ純正の0W-20 Supraは製造元がTotal(フランス)だ。ラベルには化学合成テクノロジー云々(うんぬん)と書かれてるが、100%という文字は見当たらない。つまり100%化学合成じゃないのだ。

「Full Syntheticと書かれてるオイルと100% Syntheticと明記されてるオイルは別物だ」ということを最近学んだ。Fullの意味からすると、100%と同じはずなのだが、実は違う。Full Syntheticオイルは鉱物油から精製したベースオイルを使ってる。一方の100% Syntheticオイルは本当に化学合成してる。

(上述の言葉のトリックについてはネット上で詳しい説明が見つかります。例えばWikipediaでも見つかります、少なくとも英語では)

有名なMobil 1で探すと0W-20オイルはfully Syntheticとなってる。つまり鉱物オイルベースだ。

0W-20の100%化学合成オイルは無いのか?と探すと実は見つかる。MotulのEco-lite 8100 0W-20というオイルがある。これには100% Syntheticと明記されてるので、化学合成オイル(PAO)ベースだ。一方でこのオイルはAPIのレーティングだと SM/CF。

マツダのディーラーでオイル交換してもらうと、当然だが純正のSupra 0W-20を使うのだろう。まあこれでも悪くは無い。こまめにオイル交換すればエンジン内部を綺麗に保てるのだ。このオイルはAPI SNということでSM/CFよりさらに進んだ規格となってる。規格が上位ということは、性能が上がってるという意味だ。

こちら欧州の近隣国(ドイツが最初だったのかもしれないが)では10月から3月末までは冬タイヤが義務となってる場合が多い。実際にはほとんど降雪も(まして積雪)も無い年では燃料の無駄なのだが、仕方ない。

車の購入時に冬タイヤセットも同時に注文してる。9月中には入荷するはずだ(ハズ)。

まったく頼りにならないディーラーなので、信用してない。

テーマ:愛車と日常 - ジャンル:車・バイク

  1. 2017/08/23(水) 14:13:33|
  2. Android devices
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Cerium Oxide and late vacation | ホーム | Dear Diary>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teamcsc.blog93.fc2.com/tb.php/2183-0befa1bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Leopard

Author:Leopard
ロード自転車レースが好きで、Trek-Segafredoを中心にレロードレースを追いかけてます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する