欧州自転車レース追っかけ日記

ブログタイトルのまま、欧州在住者が自転車レースを追い掛けてる日記。名前に偽り無し

Booking.com vs Youth Hostel direct booking

I was curious. I used Booking.com for searching for accommodation for some occasions. Like times when I suddenly needed some place to stay overnight. It helped me to save money by finding cheaper hotel rooms.

This time I was looking for rooms in Bergamo (Italy), in Hospental and Sion (Switzerland) in this upcoming October and Liège (Belgium) and Maastricht (the Netherlands) in April, 2018.

I used Booking.com's site or its dedicated app (iOS version and Android version).

Youth Hostels belonging the "Hostelling Inernational" organization in Switzerland can be booked via Booking.com. Or should I say they show up in Booking.com's search results.

Youth Hostels in Belgium (equally under the roof "Hostelling International") did not show up there. I can easily book rooms (or more precisely beds) directly on their site (wwww.lesaubergesdejeunesse.be).

Anyway, I had been presented with two options with booking beds at the Youth Hostel in Sion, Switzerland, which explains the title of this entry.

Convenience and prices are the criteria for judging which is better, via Booking.com and directly at www.youthhostel.ch.

Prices: www.youthhostel.ch wins

Convenience: Booking.com wins (or at least 'ties').

Because;
1. I can use my Youth Hostel membership card which I acquired from the Youth Hostel organization here in Luxembourg and get some discount. Booking.com's price does not (it seems) reflect the discount rate for the members.

2. I have to pay immediately with my credit card with the direct site but I don't have to pay until I check in there when I make reservation with Booking.com.

I don't know if they (YH Sion) would give me 10% discount when I pay at the counter if I present my membership card. If so Booking.com wins for the prices category, too.

3. If I keep using Booking.com, I will get 10% discount for the future booking.

In the end, I booked my beds directly with www.youthhostel.ch this time.


In Japanese: 続きをどうぞ
つまらないことを英語で書きました。有用ではありませんが、一応日本語で再度英語の内容を書いてみます。


今回の秋の休暇旅行での宿の予約と来年の春の自転車レースでの旅行の宿の予約をこの数日でまとめて行いました。オンラインでカチカチとクリックするだけなので、何も難しいことはありません。

難しいのは価格の調査(安い方が良い)と条件を調べて的確な宿の場所を決める方です。旅行中の行動予定と宿泊場所が合わないと、時間もお金も無駄に消費しますからね。旅行中の場合は時間の方が貴重ですけどね。

さて、ユースホステルの国際的な組織があり、HI (Hostelling International)と言います。ここに加盟してるユースホステルが世界中に4000ヶ所程度あるらしい。ここルクセンブルクにも数カ所あります。最近工事が終わったばかりのユースがEsch-sur-Alzetteにあり、ロケーションは駅前(駅の建物と繋がってるので、駅から0分)で抜群です。

調べてみると、ルクセンブルクにはよくある例ですが、ユースホステルの組織はベルギーとルクセンブルクは一緒らしい。これはフォード(車)もそうだったし、マツダ(車)もそうだったし、アップルストアもそうだし、ベルギーの組織がルクセンブルクも管轄してるということです。

このHIの会員になると多少の割引が受けれます。今回は試しに会員になってみました。ルクセンブルク在住なので、ルクセンブルクのユースホステルの会員となりました。オンラインで申し込み、支払いをして、直ぐに会員証が届きました。€10ユーロでした。一年間の有効期限があります。元が取れるかどうかは不明です。スイスのSionのユースの予約・支払い時には割引の効果がありました。宿泊費用の7%程度が割引だそうです。これで€5ユーロ程度の得をしたことになる。でもまだ€10ユーロには届かない。

一方でベルギーのリエージュのユースでは何も割引が無かった。オンラインの予約画面には会員証の番号を入れる場面がなかったのである。

今回の秋の休暇では宿を取るのに、Booking.comを多く利用しました。ベルガモのB&B(ベッドと朝食の民宿)、スイスのゴッタード峠麓のHospentalの宿もBooking.comを使いました。最近になってBooking.comを利用した予約が続いたので、もう一回利用すると、その次の予約が10%安くなるそうです。

スイスのユースホステルはBooking.comと提携してるらしく、Booking.comに出てきます。ベルギーのユースホステルは出てきません。

じゃ、直接スイスのユースホステルのホームページ(www.youthhostel.ch)で予約した場合とBooking.comで予約した場合に価格の差があるのかが疑問になりますね。試して見ました。同じ条件で予約すると、価格は直接の方がちょっと安かったです。上述の7%分の割引を受けるために会員番号を入力する部分があるのが、ユースホステルのホームページからの予約で、Booking.comだとそのような入力はしません。ここが違いでしょうか。

じゃ、利便性はどうか、というと、Booking.comの方が良いのかもしれません。ユースホステルのホームページからの予約だと予約時に支払いも催促されました。キャンセルの可能性がある場合の保険として宿泊費の4%を支払いました。必要なかったかもしれませんが。

一方Booking.comで予約すると支払いは現地でとなり、直ぐには支払いしなくても良いとなってました。

秋の休暇の準備はほぼ終わりです。残りは携帯品の点検と買い足しです。上部な靴が欲しいです。天候が悪い場合は、車で峠を上り、雨具を着て徒歩で多少のハイキングでもしますから、そのための買い物をします。

テーマ:ヨーロッパ - ジャンル:海外情報

  1. 2017/09/01(金) 01:17:17|
  2. Things European
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Madonna di Ghisallo and Valico di Valcava | ホーム | Fall vacation plans and TdF 2018>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teamcsc.blog93.fc2.com/tb.php/2190-f8a120f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Leopard

Author:Leopard
ロード自転車レースが好きで、Trek-Segafredoを中心にレロードレースを追いかけてます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する