欧州自転車レース追っかけ日記

ブログタイトルのまま、欧州在住者が自転車レースを追い掛けてる日記。名前に偽り無し

DVB-T2 adoption in Italy and Tranvia Dentiera Sassi Superga

Tranvia Dentiera Sassi Superga

I was looking at the Garmin BaseCamp map to see where I would stay and watch the race (Milano - Torino) and realized that there seemed to be a rail line going up to hill close to the finish.

What is it? The mysterious line is called "Tranvia Dentiera Sassi Superga." I quickly looked it up on the net and found that it was really a tram line going up (and of course, down) the hill. Subsequently I visited its official web page found out its operation hours and how much it would cost. One way €4 and round trip ticket €6.

Details here (http://www.gtt.to.it/cms/turismo/sassisup)

It seems that senior people and students have discount rates and the fare is free for some people.

I see it. People go up the hill using this transportation means.

Then I may (or will) go up the hill on this ratcheted tram and later come down by foot or by Blink S2 (if it gets delivered by then).

DVB-T2 adoption in Italy

It suddenly occurred to me that I should check the DVB-T2 situation in Italy before embarking on the trip this coming October.

My primary objective of the trip is to 'live' watch two road bike races there, namely Milano - Torino and Il Lombardia. I am very sure that Italian TV stations (like Rai) will broadcast the events as they unfold.

I was thinking of bringing my TV tuners or mini TV sets to watch the live broadcasting while I wait for the race to come.

Wait a minute! Majority of my TV tuners and mini LCD TV sets are made for DVB-T standard. I have a small micro USB interface tuner for Android devices that seems to be able to decode H.264 (still it is called DVB-T2).

In Germany they started DVB-T2 broadcasting with H265 codec. I think I can not watch those programs in Germany with none of my tuners.

So, how about in Italy? How are they doing? This was the question that popped up in my mind.

H.264 vs H.265 HEVC

My quick search has confirmed that Italian broadcasters are using H.265 HEVC codec standard. Several articles on several sites in various chronological stamps taught me that they started the testing phase in 2012 or earlier and then Italian regulators forbade (forbad) the sales of non-coforming (non-H.265 or non-HEVC) TV tuners later once they decided to go with this codec. As of now DVB-T2 is in use.

Gee! What shall I do? Do I have to buy a new tuner or mini LCD TV set before leaving for Italy?

An H.265 mini LCD TV set has been on my wish list at Amazon (Germany) for some time. At least 6 or more months. As the Grand Départ of the Tour de France 2017 was in Germany, where H.265 codec had been set to launch.

It is not too expensive but it is not cheap. If I was going to buy it, it should be now!

I should probably not buy a new TV set but wait until next Spring.

In Japanese: 続きをどうぞ
ミラノ・トリノでの交通手段

ガーミンのベースキャンプにてゴールの丘の部分を観察してました。するとあることに気づきました。「レールが敷いてあるじゃないか」、そうすると、急勾配を登れる(下れる)例のラケット付きのレールトラムか何かがあるのか?。

レールの部分にマウスを当てると名称が出て来ます。それをネットで調べると直ぐに詳細が判明しました。やはり急勾配対応のレース式乗り物でした。イタリア語のホームページ(運行会社)でしらべると、片道切符が€4で、往復切符が€6となってます。

地図でラフに目測するとこの山頂駅からゴールラインまでは徒歩で1km程度でしょうか。なるほどね、そう云うことだったのですね。街を見下ろせる展望台があるのでしょう、きっと。これを利用すれば、子供・老人でも楽にレース観戦ができるわけですね。月曜日から金曜日は普通運行、土曜日は延長時間(朝早くから)で営業してるようです。日曜日はお休みです。

やはり、日曜日にレースを行うのはいろいろ大変なことがあるのですね。ミラノ・トリノは木曜日開催ですから、問題ありません。

上りはこれを利用して楽に上り、下りは徒歩か、Blink S2にて下るのが楽しそうです。YouTubeで2016年の画像をちょっと観ましたが、沿道には自転車で上って来た連中も多い様子です。

時刻表もダウンロードできますが、1時間に一回登るらしいです。一回の乗車人数がわかりませんが、乗れるかどうか不明ですね。やはり自転車で上るのが「正しい」のでしょうか。自転車を持って行くべきなのでしょうか。これを見て、考える点が増えました。

運行会社のページには特別運行(祝祭日)のことも書かれてますが、ミラノ・トリノのレースには触れられてません。よって、通常運行と見るべきなのでしょうか。観客が多いはずなので、増便があり得るのでしょうか。多分無し。イタリアですから。

むしろ問題は丘のふもとで、安全な駐車場が見つかるか、かもしれません。


イタリアのデジタル地上波
突然、ふと思いついた。イタリアではデジタル地上波はどうなってるの。この秋の旅行ではレース観戦中にテレビを観るつもりだった。たよりになるのは一応DBV-T2対応を謳ってるアンドロイド用のミニチューナーだけだ。これが果たしてh.265に対応してるか激しく不明だ。H.264はもちろん対応してる。

でもこの小さいアンドロイド用のPad TVだが、結構性能は良い。受信感度も良いので気にってる。室内では受信できないが、屋外ではかなりの受信ができる。


ドイツ、フランスではDBV-T2、つまり、第二世代のデジタル地上波が普及してる。ドイツはほぼ一斉に移行し、フランスでは順次進行中。

H.264というコーデック(圧縮具合)とH.265 HEVCというコーデックがあり、後者が優れてるらしい。圧縮のレートを任意に、しかも部分的に変更できるので、結果的に圧縮率が高いということらしい。

ドイツは後者のH.265だ。フランスは不明だ(ネットで調べると、初期はH.264で開始し、後にH.265に切り替えるという二段階方式をとるらしい)

じゃ、イタリアは?と気になったわけだ。

ネットで簡単にしらべると、やはりDBV-T2に移行を始めてる。現時点での状況は不明だが、全面移行ではなく、都市部ではほぼ移行完了ということだろう。

手持ちの器機(DBV-T、初期の規格)はどんどん使い道が無くなってる。幸いベルギー、オランダ、ルクセンブルクではまだ使えてる様子だ。近い将来的には使えなくなるだろう。残念だ。

今年の初旬からずっとこのDBV-T2対応は課題だった。テレビ(携帯できるミニサイズ)を買おうとも思ってた。(DVB-T2移行済みの)ドイツでツールが始まるし、パリでは従来の古いDVB-Tの電波は無いことも知ってるからだ。でもツール期間中に休みを貰えなかったので、買わなかった。どうしようか。

答えは来年の春まで我慢するだ。アンドロイド用のこのミニチューナーがもしイタリアで使えればラッキーとしよう。この時期にこれ以上の出費は控えるべきだと思った。

テーマ:ヨーロッパ - ジャンル:海外情報

  1. 2017/09/05(火) 15:26:00|
  2. Things European
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Fuel consumption data in! Mazda MX-5 (ND) 1.5L | ホーム | A purchase denied and also a purchase denied!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teamcsc.blog93.fc2.com/tb.php/2196-22c2aede
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Leopard

Author:Leopard
ロード自転車レースが好きで、Trek-Segafredoを中心にレロードレースを追いかけてます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する