欧州自転車レース追っかけ日記

ブログタイトルのまま、欧州在住者が自転車レースを追い掛けてる日記。名前に偽り無し

October 11th (Wednesday)

A sunny, really sunny day!

Today was my rest day because I tackled Col du Sanetsch Yesterday. Tomorrow, I will try to repeat the uninterrupted ascent to the top of Col du Sanetsch. After this final activity I will leave for home.

Here's what I did Today. Woke up and immediately went down to the mess to have the breakfast. Checked out around 09:00 and drove the exact place where I parked the car. About 1 km outside the town of Chandolin.

I rode in the hills but not to Col du Sanetsch. Went to a town called Daillon. By 13:30 I think I came back to the Youth Hostel. From there I decided to go around the town of Sion. I rode about an hour and then came back.

I rode some roads around Daillon where there were patches of vineyards. Like I wrote somewhere before, Sion seems to get more sunny days (if not the most) than other parts of Switzerland. I think the climate is so because Sion area is surrounded by high mountains and the clouds carrying moist air seem to unload it on the other side of the mountains.

Vineyards on the south steep side of the hills were sweet to my eyes but those paths winding up and down through the patches were not sweet to my legs. They tend to be very steep.

My plans for Tomorrow, I will do the same routine as the previous two days and climb to Col du Sanetsch. As soon as I come down, I will leave for home. I have to take some sporadic naps in the car before reaching home Friday morning. The route between Sion and home (Luxembourg) is about 600 km long.

The ascent to the top of the col is hard but fun. The descent from the top is the part I don't like at all. I have to keep applying the brakes all the time. I wish there were ways to avoid braking while descending.

There are small parachutes that you can wear while you are running. These are somewhat called "speed resistance training parachutes" or similarly.

Those are attached to athletes waist and as the runner increase the speed the resistance also gets bigger. These training devices can not easily converted to bike use because of many obvious reasons.

To name some, 1. when the parachute touches the rotating rear wheel, (you supply your imagination here) 2. when passing or opposing cars, motorbikes, bikes and pedestrians get entangled with the chute, (ditto) 3. when the biker gets caught in a crosswind while riding a path over a bridge, ravine or some ridges, (ditto).

These are used on athletes running on safe broad tracks or fields. This is the only way those can be used safely.

My Zipp 404 (full carbon tubular) wheels are my choice of climbing gear. They look awesome but they are not powerful stoppers. I used to use KoolStop brake pads (easy on carbon rims) but they screamed (I mean squeaked) a lot. So I changed to Zipp's cork pads. These don't squeal and also easy on the carbon rims.

They are not great stoppers, though.

Bringing a front aluminium rim wheel will be a great help but I don't have a great looking aluminium rim front wheel.

In Japanese: 続きをどうぞ
今日は休養日です。昨日峠を上ったので、今日は脚を休める日です。だからと言って、自転車に乗らないのは勿体無い。

昨日と同じ場所に車を停め(Sionの北側にある丘の上の街Chandolinの外)。そこから軽く周辺を走りました。2時間程度のんびりと(休憩を多く取って)走り、ぶどう畑(ワイン製造のため)の中の道も走りました。

以前にも書いた通り、このSionのエリアは山(ものすごく高い山、もちろんアルプス山脈ね)に囲まれたエリアです。天気が良いのはおそらく、海から(当然水の供給源は海が主)くる湿気を含んだ雲がそれらの山に当たって、湿気を落とすために、この盆地(というか、谷間?)はカラッとしてるんだと思います。ワイン製造のためのぶどう畑がある位ですから、年間の日照時間がある程度確実にあるはずです。そうじゃ無いとこんな産業は育ちません。

おすすめです。昨日は写真を撮りながら、サネッチュから降りました。上りは一切足をつかないつもりでしたから、写真は一枚も取ってません(アクションカメラを自転車に装備しれてば、写真を撮りながらでも上れるでしょうが)。

下り時に取った写真は後に多少の編集(説明)をつけて掲載したいです。バス亭(峠に点々とある)の時刻表も写真に撮りました。ここにはネットのリンクも記載されてましたが、要するに、運行期間(6月末から10月始めまで)が観光のハイシーズンで、それの前後がオフシーズンだとわかります。頂上付近のホテルの営業期間もネットで調べれば判明するでしょう。

ハイシーズンじゃなく、ちょっと外れた時期に観光するとホテルは空いてるし、人は少ないし、楽しめるはずです。

そうそう、昨日は4人ベットのこの部屋には他に男性2人(当然、ユースは男女別だけど)が泊まりました。今日は別に一人居るので、総勢2名の様子です。

明日は同じ行動ですが、再度サネッチュを上ります。一度征服した(休まずに上りきった)ので、明日はプレッシャー無しに、上ります。途中で休憩しても気にしません。そして下ったら、家路につきます。家に着くのは金曜日の朝だと思います。

Amazon(ドイツ)で買ったGarmin GLOが郵便局に保管されてます。ACTON Blink S2はUPSのピックアップステーションのガソリンスタンドで保管されてます。これらを至急救出しなくてはいけません。後は休養して、来週からの仕事に備えます。

ここのSionのユースホステルは良いですよ。駅が目の前(ユースの玄関から電車待ちしてる人たちがホームに立ってるのが見える、徒歩1分とかの距離)だし、100m横にはCOOPのスーパーがあって、買い物楽だし。なんと言っても天気が良いのが最高です。設備も綺麗だしね。

スイスへの旅行をお考えの方にはお勧めです。Sionは小さな街です。観光資源は山ですね。ここを拠点に電車等でフランス語圏(ローザンヌとか)も行ける。ユースの従業員はフランス語(多分家庭でも)、ドイツ語(教育、及び環境)と英語(教育)をベラペラに話します。よって、日本人でも安心です(多分)。

テーマ:ヨーロッパ - ジャンル:海外情報

  1. 2017/10/11(水) 18:52:54|
  2. Diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Saris Bones Solo modification ideas | ホーム | Col du Sanetsch from Sion side>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teamcsc.blog93.fc2.com/tb.php/2227-cb55d186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Leopard

Author:Leopard
ロード自転車レースが好きで、Trek-Segafredoを中心にレロードレースを追いかけてます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する