欧州自転車レース追っかけ日記

ブログタイトルのまま、欧州在住者が自転車レースを追い掛けてる日記。名前に偽り無し

Saris Bones Solo modification ideas

I own a Saris Bones Solo and I think it is neat. It very lightweight and small. I bought it thinking that it would work on my Mazda MX-5.

Before buying it, I did some research on the Internet as usual. Take a look at these photos that I had collected before deciding to get one.

bones-solo-asinstructed.jpg
Here, this person uses the bike rack as instructed by Saris. You see that if you set the bike perpendicular (to the ground, of course), the bike will bump into the bumper of the vehicle. To prevent the scratches and dents, you have to use padding.

"Protect-O-Pads" that what Saris sells for this purpose (I have them, too!). Isn't having to use extra padding material a bit annoying? Don't you wish that the bike wouldn't stay so close to the bumper?

bones-solo-devised.jpeg
So this guy (or gal), not wanting to dent his/her BMW Z4 (or Z3?), devised a way to distance the bike from the vehicle. This does not follow the instructions given by Saris but it also works obviously. In a way, it is a better way to hang the bike. I guess this person does not use Protect-O-Pads.

Now (for the moment) I follow the instructions by the manufacturer but not totally happy with them. To abide by them, I have to remove the right pedal that faces the bumper and on the crank that I just removed the pedal from I put one of those Protect-O-Pads on. I also put one on the tip of the front fork (bumper side). I am not finished. Then I use a bungie code (80 cm long?) to hinder the movement of the handlebar.

antiswaystrap.jpg
(I don't know the official name for it but) There is a thing that might be called an "Anti-Sway Strap" on this bike rack. I hang my bike on the rack so that the bike faces to the left (the chainring on the bike is closer to the vehicle). This way, this anti-sway strap can kinda snugly holds the down tube just above the bottle cage.

(If I reverse the bike, the anti-sway strap does not seem comfortable hanging on the seat tube)

The first problem with Mazda MX-5 (ND) is this. (I took a photo but I don't have it on my MacBook yet. A couple of photos will be added later here) I have to put the lower ratcheting straps on a flimsy undercover hiding the muffler. This piece of plastic is not so solid. This is because the trunk lid is very shallow.

Of course, Saris will tell you that Bones Solo won't fit MX-5 (ND). No doubt.

Anyway, making this anti-sway strap useful, in other words, closer to the bike, leaves no choice but forces the bike too close to the vehicle's bumper (or any other parts).

Look at the picture here!
bmwz-incorrectuse.jpg
This guy or gal puts his/her bike on the rack and the distance between the bike and the vehicle (or its rear bumper) is ample, ample enough for the pedals to be kept on.

Also it is somewhat aerodynamically better positioned because the bike stays closer to the ground, in other words, most of the bike is behind the car and won't disturb the air flow too much. On the other hand, the anti-sway strap won't work for this setting.

I am going to work on my Bones Solo so that it fits better for my MX-5.

In Japanese: 続きをどうぞ
これは一旦スイスのシオンにて仕上げた内容なのですが、そこのWifiが時々途切れる(ユースでWifiを請け負ってるのはどこかの会社で、Monzoonというサービス名だった)ことがあり、折角書いた記事が消失したので、今家(ルクセンブルクに帰ってきた!)で再度書いてます。英語の文章は9割は残ってたのですが、日本語の部分が全て消滅した。

実は朝起きて、ガソリンスタンドへ行き(そこがUPSのピックアップステーション)燃料を詰め、荷物(Acton Blink S2)を受け取り、その後郵便局へより、Garmin GLOを受け取って帰ってきました。BLINK S2は充電中、そして時間を見つけて、Garmin GLOのファームウエアが最新か等をチェックします。夕刻にはBLINK S2に乗ってみたいと思います。

さて、一旦書いた記事とは(なにも旅先のユースで書く必要の無いものだったが)、Saris Bones Soloの件です。

英語の文章中の画像を4枚説明します。これらは主にSaris Bones Soloの購入を検討してた時にネットで調べて、既にMacBookに保存してたものです。通常は買い物する前にネットで調査をするのが習慣です。

1枚目
メーカーの規定する使用方法に従った搭載状態。ごらんの通り、自転車は傾いて居る。なぜなら、バンパーにぶつかるのを避けるために、クッション材を挟む必要があるからだ。このように自転車が車に近い状態だと揺れ防止ストラップ(3枚目)が機能する。バンパーに当たるのはメーカーも承知で、そのために専用のクッション材も販売してる。それがProtect-O-Padsという洒落た(?)名前のもので、4個セット売り。僕も既にもってる。これは前任のBones 3(最大まで自転車を詰める)でも使ってたのだ。

2枚目
これはメーカーの規定する使用方法を無視して、工夫したラックの取り付け方だ。この装着方法だとトランク上部に掛けてるフックに大きな力が掛かる。自転車の重量がほとんどがこのフックに掛かる。BMW Z4(かな?)のバンパー部の膨らみがあるので、この下側の足でも多少の重量を支えてる。全体として安定性に欠けるかもしれないが、自転車が軽ければ大丈夫かもしれない。

3枚目
揺れ防止のストラップ。これが有効になるためには、自転車をラックに近く(自動車のバンパーにも近く)する必要がある。

4枚目
上記の2枚目の画像の続き。このようにメーカーの規定する使用方法を無視して、自転車を載せると、
利点が二つある。自転車がバンパーから離れるので、クッション材が必要ない。自転車が低く地面に近いので、走行時の空気抵抗が少ない(燃費が良くなるとか、風切り音が減るとか)。

一方で、自転車が前後に揺れる可能性がある。ラックには揺れ防止ストラップ(3枚目)があるのだが、このポシションだと届かないので、無効だ。バンパー部に段差が無い構造の車にはラック全体の滑り落ちの危険性もある。

ラックの改造(改良)を考えてます。どうなることやら。第一に上側と下側を反転した。するとすこしでも自転車とバンパーとの距離が開く。

Blink S2のリモコン用に電池を買う必要があったので、近くのお店(ホームセンター)に出かけた。その際に暫定的にでも使える滑り防止マット(発砲系の樹脂)を購入。サイズが45 cm x 125 cmなので、MX-5のトランクを充分にカバーできる。これを適当なサイズに切って使うのも手だ。色が各種あったが、黒は無く、グレーを選択した。これが二つで400円程度のセール品。

今回の旅行で確認できたが、車の中にホイールと自転車を収納できる。旅行中に車を離れる場合の処置だ。なにせ、屋根を開けるので、開口部から余裕で入る。その際には布(バスタオルとかこのマット)があると車に傷を付けないで済む。よって、このマットとかバスタオルは車に常備しておこう。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/10/13(金) 10:49:21|
  2. Bikes and related things
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Garmin GLO and Acton Blink S2 | ホーム | October 11th (Wednesday)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teamcsc.blog93.fc2.com/tb.php/2228-7ad603f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Leopard

Author:Leopard
ロード自転車レースが好きで、Trek-Segafredoを中心にレロードレースを追いかけてます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する