欧州自転車レース追っかけ日記

ブログタイトルのまま、欧州在住者が自転車レースを追い掛けてる日記。名前に偽り無し

Tour de France 2018 and Bob Jungels

Go Bob!

( http://www.lessentiel.lu/fr/sports/sports_luxembourgeois/story/tre-leader-sur-le-Tour-de-France-c-est-un-honneur--19179741 )

It seems that Bob Jungels, after the departure of Dan Martin, is going to be the overall (general classification) leader of Quick-Step Floors team for the Tour de France in 2018.

I welcome this. He has to improve his ability to climb but he is still young and has a lot of potential. I will be following all the stages of the Tour in 2018 and when he is there, I will definitely support him in any way I can.




In Japanese: 続きをどうぞ
最近はこの話題だけ、なぜならそれで頭が一杯だから

これまでのまとめ

自転車(バイク)を自動車に積む方法について検討してた。車内が狭く、トランク容量もほとんど無いマツダのMX-5(日本名ロードスター)で、長期間の旅行をするための準備である。きちきちに詰め込んでそれでOKではない。毎日、テントを出して、炊飯して、寝袋で寝て、自転車乗って、スーパーに寄って買い物してを繰り返すので、取り出しやすさが必要だ。つまり余裕が無ければならない。

重要な道具は、自転車関係(車輪、工具、ヘルメットやらジャージやら)、テント関係(テント二つ、寝袋やら)、炊飯道具、食料(ミネラルウオーター、その他)である。これにペイント道具を持っていきたいのだが、なんか無理に感じてきた。

これまでも荷物軽減策は年々強化してきた。最近は乾燥が早い素材の下着等を少数だけ持って行き、キャンプ場でシャワーを浴びる際に洗濯し、翌日には乾燥させる、ということまでしてるのだ。それだけストイックにしてでも道路ペイント道具を車に積み込むという根性である。食事だって、乾燥パスタと瓶入りソースを主食に4週間過ごすのである。

さて、前回のイタリア・スイス旅行で簡易的に来年の夏の長期旅行のシミュレーションができた。このシニュレーションは重要で、実際いろんな問題に遭遇した。今はその解決策を探り、来年の本番に備えての対策を準備中だ。

自転車ラック(Saris Bones Solo)は改良が必要だった。足が車の塗装に傷をつけた(泣)。その対処に始まり、車輪を自転車に付けたままで(安全に簡単に)積むことができないか、という検討をしてる。両車輪が助手席にあっては、他の荷物を詰める可能性ゼロである。

KCNC Light Mountが片側パイプ(パイプの切りっぱなし形状)で、片側がクイックリリースのネジ側の形状であることを利用し、これを二つ繋げて、簡易的なSeaSuckerのHoggを作れると思いついた。このHogg(まがい)があると、両輪を簡単に自転車に装着したままラックに詰める(はず)。

ある日本のブログ(GoogleのKCNC Light Mountでヒットした画像の元がこの人のブログだった)では、薄いアルミなので、ノコギリなり、パイプカッター等で長さを切り詰めるのは容易だ、と書いてあった。まだ購入してないが、近日中に入手予定だ。

別のアイデアとして、チェーンキーパー(テンショナー、つまり後輪を外した際に、チェーンたれ・暴れを防止するカセットに相当する工具)を改造できないかとも思ったが、こちらの方が高価だし、やはりKCNCのマウントにしておこう。

ラックに搭載する重量が増えると、カーブの多い道での安定性が低下する。よって前のフォークをバンパーに固定して、安定性を向上する方法も検討し、ほぼ目処がたってる。RockBrosの自転車ラックの後輪固定の吸盤をバンパーに付けて、フォークを固定すれば可能と思う(未検証)。

さらに、もうすぐ届くDelta CyclesのWheel HitchをRockBrosのバイクラックに付けてホイールラックを製作しようと思ってる。このホイールラックに前輪と後輪の二つを固定することができないかを検討してる。もちろん、単純には「装着可能」である。クイックリリースの片側で上述のホイールラックを挟めば良いのだ。しかしそのままじゃ安定性が足りなそうなので、その対策である。高速道路走行中に車輪が外れて、転がって、後続の車に轢かたら…(涙)。

ツールには、このRockBrosのバイクラックを持ってゆく予定だ。助手席に人を乗せて、その人の自転車を積んで走行する可能性もあるからだ。自分の自転車の他にもう一台自転車を積む準備である。可能なのか?

もう少しで届くBoot-bag Standard版(http://www.boot-bag.com/ 参照)(仮称2号)(既にBoot-bag Vacationバージョンは所有してる)を持ち歩く荷物入れにし、頻繁に出し入れしない荷物をVacation版(仮称1号)に入れ、車のトランク内に入れたままにするという体制を想定してる。普段は助手席に2号を載せ、乗客があった場合は、2号はトランクの上の固定とする。

ペイント缶(10L)は常時助手席の足元しか置き場がないだろう。助手席に人を乗せない時は、居住用テントも助手席に置くことになる。

今回アマゾン(独)から買ったもの(また買い物したのかよ!、緊縮財政と言ってる割に、買い物ばかりじゃないか!)には、この対策品が含まれてる。

例えば「バックル付きベルクロテープ各種の長さセット」もそうだ。最近流行りの「剥ぐのが簡単な塗料」(同種の塗料はPlasti Dipと云う名前で有名)も1缶買ってみた。

このゴムみたいな塗装だが、例のPeruzzoのフックに塗る。塗装への傷防止にもなる。あとツール期間中はトランクの蓋全部に塗ろうかとも思ってる。そうすれば、トランクの上に荷物を置いても傷がつく心配がなく、安心できる。今回はお試しで1缶。



ボブ・ユンゲルスがQuickStep Floorsのツールでのリーダーとなる
(http://www.lessentiel.lu/fr/ or http://www.lessentiel.lu/de/)

地元の無料配布日刊紙に載った記事(オンライン版はこちら http://www.lessentiel.lu/fr/sports/sports_luxembourgeois/story/tre-leader-sur-le-Tour-de-France-c-est-un-honneur--19179741)から一掴み。フランス語のメディアなので、あまり頻繁には見ないのだが、無料配布物なので、バスのシート、電車のシート、その他に無造作に放置されてることがあり、たまに見る。

ここで、地元のボブ・ユンゲルスに関するインタビュー記事があった。それによると、来季のクイックステップフロアーズは(Dan Martinの放出に伴い、ステージレースのリーダーが居なくなったので)ボブ・ユンゲルスをツールの総合狙い(或いは山岳ステージ狙い)のリーダーとして据えるそうである。

今年のツールで勝ちまくったスプリンターのマーセル・キッテルもチームを離れたので、スプリント・ステージはコロンビアのFernando Gaviriaをエースにして、チームもそちらのサポートに重点を置くだろうが、最低限の山岳サポート要員をボブ・ユンゲルスにも準備するのだろう。

どれくらいボブがサポート要員を貰えるかは、それまでの活躍に掛かっているはず。春のクラシックとか、ツール・ド・スイスなりドーフィネ等のツール前哨戦で活躍するとチームも山岳サポート要員を増やしてくれるかもである。

ジロとブエルタについては知らないが、ボブ・ユンゲルスはツールに備えて調整する。楽しみだ。やはり馴染みの地元選手が出場するとしなとでは応戦の張り合いが違う。するとやはり道路ペイントの道具も持っていきたいな。

バッグが届く
アマゾン(独)で購入したが、先日送り返した「間違った内容物」の件です。再送付された本来の「購入品」はDHLのトラッキング情報では、配達を試みたが、不在だったので、引き取りを待ってる状態、としかわからない。

DHLに保管されてるのかと思ったら、実は郵便局にあった。郵便箱に入ってた「郵便局の配達時不在通知」を発見し、先に郵便局に寄ったら、それが出てきた。危うく、遠くのDHLの集配所へ出かけるところだった。

内容物を確認した。今度はちゃんと「正解なのか?」と。今回は無事に正解でした。

しかし、ツールにはこのバッグに入れた電動ボードは持ってゆけない(涙)。トランクが狭くなってしまうからだ。しかし、本当にMX-5は小さいな。

11月1日は祝日です

ルクセンブルクのカトリック系の祝日です。カトリック系の祝日なので、おそらくはベルギー、フランスも同様に祝日だろう。

テーマ:自転車ロードレース - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/10/30(月) 23:51:17|
  2. Tour de France
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<LIMITS (power meter) and Roadlink | ホーム | RockBros bike rack and a possible modification of this rack>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teamcsc.blog93.fc2.com/tb.php/2240-ee8d9732
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Leopard

Author:Leopard
ロード自転車レースが好きで、Trek-Segafredoを中心にレロードレースを追いかけてます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する