FC2ブログ

欧州自転車レース追っかけ日記

ブログタイトルのまま、欧州在住者が自転車レースを追い掛けてる日記。名前に偽り無し

They are like bread spreads in your computer

Walking Hannah

I was out in the forest with Hannah. It was a sunny day here in Luxembourg. We were out there over 3 hours. I hope that Hannah was happy.

The paragraph above was written on Wednesday (May 6, 2020).

I was again out in the forest with Hannah on Friday (May 8, 2020) but she was not herself for some reason. I let her on the ground as soon as we were at the safe drop point in the forest (away from cars and etc.).

She seemed happy first but she stayed within 25 meters radius all the time. In the end after 2 hours and 30 minutes she threw up a bit. So I picked her up and came home. It was a sunny day. She might have eaten too much before we set off for a walk.

She ate after she came home and now she is sleeping. I think she is OK.

Like spreads, only they are not edible

There are two (roughly) kinds of thermal paste for hobby DIY overclockers.

One is silicon base grease with some material (metallic power?) and the other is liquid metal based.

Nowadays some manufacturer (or manufacturers) came up with high end thermal pads but could be comparable to high grade thermal compounds.

I am planning to delid Intel Core 2 Quad Q9500 in near future so I am planning to buy some high grade thermal compound (MX-4) and Thermal Grizzly (liquid metal) product.

I am also thinking of applying one of the products on PowerPC CPUs. My iBook G4 is waiting to be assembled but I should apply a better thermal compound instead of a cheap one that I bought years ago.

Here are some images that I downloaded. I have fiddled with these back in the past when Windows 95, 98, Me and 2000 were around.

pentiummmx.jpg
(image 1)
Pentium 100 MHz or 133 MHz were typically found in this package. Their core was wrapped in some plastic. Old days before I started building my own PCs on my own.

AMDK6.jpg
(image 2)
AMD K6 series (266 MHz or 333 MHz) CPUs were typically found in this package. I remember buying one of those myself. I think I took this heat spreader off following the advice found on the Internet for better cooling (my memory is not so solid but I am almost sure).

athlong1ghz.jpeg
(image 3)
I bought this AMD Athlon 1 GHz for myself. By use of a conductive ink pen, I overclocked it to 1.1 or 1.2 GHz (my memory is not solid). One could easily toy with the multiplier settings back then. Good old days!

PPC7450.jpg
(image4)
PowerPC G4 (7450, 7447a or 7448?) CPUs found in my Mac mini G4, iBook G4 or PowerBook G4 machines. They look similar to the first generation AMD Athlon CPUs.

In Japanese: 続きをどうぞ
パンに塗るバター、ジャムみたいなもの(だけど食えない)
のが、このサーマルペーストです。

前置き:

昔(20年以上前)からお世話になってるのが、サーマルグリース(サーマルペースト)ですね。あれは日本に住んでた頃ですが、自作PCが流行った時代でした。適当な部品を買ってきて、CPUも自分で選んでPCを作ってました。低予算でね。AMDのK6とかAthlonとかの時代です。Athlonはコンダクティブペン(インクの代わりに導通性のあるペーストが入ってて、回路の修正とかに使用)を利用してオーバークロックしてました。よい時代でした。

さて、最終的にCPUをマザーボードに取り付けて、その上にクーラーとなるヒートシンク(アルミ製)を載せるわけですが、その間にサンドイッチで云うソースの様につなぎの役目をするのがこのペーストです。金属の表面がよほどピカピカに研磨されてないがぎり、無数の傷、へこみがあるわけで、金属間に空気があると、熱が伝わりません。ここにペーストが登場します。

現在は大きく分けて2種類あります。導通性がほぼ皆無の(おそらく)シリコングリースベースの製品と、非常に導通性が良い液体金属系のものです。ペースト状ではありませんが、両面テープみたいなものもありますが、ペーストに比べれば熱伝導性が悪い(でも最近は性能が良いものも売ってる)。

ここまでが前置き、ここからが本題。

英語の文章中の画像について

(画像1)懐かしいこのコア部分を樹脂で一体成形して保護してた時代のPentium。クロック周波数が100 MHzとか133 MHzとかの時代だ。

(画像2)AMD K6はこんなパッケージだった。これも懐かしい。クロック周波数は266 MHzとか333 MHzとかそんな感じだったかな。

(画像3)AMD Athlon(の初代)はこんな感じだった。コアむき出しで、慎重に扱わないと、コア欠け事故が起きた。周波数は1 GHzを超えた時代かな。

(画像4)Motorola / IBM / (Apple)のPowerPC G4で、やはりコアむき出しタイプだ。発熱が酷くて、クロック周波数を上げれなくて、Intel / AMDのCPUに遅れを取り、G5後、結局Appleはこれを見捨てた。その後もPowerPCはサーバー用、ゲーム機用、組み込み機器用として生き延びた。

ビデオ編集用として中古のPCを購入し、現在試験運用と改造中です。そのCPUがIntel Core 2 Quad Q9500です。これは殻割りするつもりです。殻割りして、CPUのダイとIHS(コアダイを保護するカバー)間は高性能(熱伝導が良い)液体金属を使うのが良い。よって、定番の製品を買います。

IHSとヒートシンク間は通常のサーマルペーストを使います。導通性のあるものが基盤に広がると危険なので、ここは通常はグリース系のものが推奨されてます。

手元の古いMacの改造、清掃をしてますが、ふと思った。Mac mini G4に付いてるCPUのPowerPC G4は古いタイプの構造で、コアがむき出しです。これもオーバークロックする予定ですが、ヒートシンクが純正品しか選べないし、クーリングファンも貧弱で、発熱を旨くしのげるか心配だ。

で、上述の殻割りで、Core 2 QuadとIHS(つまりミニヒートシンク)間を液体金属のペーストで密着させると、一般的なユーザー報告で20度程度の温度低下が報告されてる。これをPowerPC G4に応用したらどうか、と思った。どうせコアむき出しなんだし。

液体金属ペーストを使う場合、CPU上の通電部品(抵抗みたいなものが見えてる)には保護が必要です。通常は女性がネールに使うマニュキュア液を塗る。これはアクリルパウダーが溶液に溶けてるものなので、溶液が揮発すると残るのはアクリルの皮膜です。

携帯するPowerBook G4とiBook G4にはさすがに液体金属ペーストを使うのは危険かもしれない。

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

  1. 2020/05/08(金) 19:03:22|
  2. MacBooks and Macs
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<PowerBook G4 Titanium gone with wind | ホーム | Post COVID-19 race calendar at least provisionary>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teamcsc.blog93.fc2.com/tb.php/2568-a45576ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Leopard

Author:Leopard
ロード自転車レースが好きで、Trek-Segafredoを中心にレロードレースを追いかけてます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する